WordPress(ワードプレス)とは?

ワードプレスとは?

wordpress(ワードプレス)とは?

CMSの中でも有名なものの一つです。全世界の41%のウェブサイトがワードプレスで作られているそうです(公式サイトより)。
ワードプレス自体はPHPというプログラム言語で作られており、コンテンツはMySQLというデータベース管理システムで管理されます。
GNU General Public License (GPL)  の下で配布されており、無料で利用することができます(有料版もあります)。
プラグインが豊富なため、大規模サイトやECサイトもつくることができます。
非営利団体のWordPress Foundationが開発や公式サイトの運営を行っています。

主な特徴

  • 検索エンジン最適化が施されている
  • テーマと呼ばれるデザインテンプレートが豊富にある
  • 多言語化が容易(各国語版のワードプレスが存在)
  • モバイル対応が容易
  • プラグインによる機能追加が可能
  • ブラウザ上の管理画面から編集ができる
  • 認知度のあるCMSなので、取り扱う制作会社や技術者が多い

HPサポート屋でも、ワードプレスを用いたホームページ制作を承っています。
お問い合わせはこちらから

ワードプレスを利用するには?

様々な方法があります。

1 ワードプレスのサイト構築経験がある制作会社に、ドメイン取得やレンタルサーバー設定から依頼する

2 ドメインやウェブサーバーを申し込む際にワードプレス付きプランを選択する。以下は主な会社の一部です。

それぞれ無料プランも用意されているので、お試しで開始することも可能です。
または、

3 自前でウェブサーバを用意してワードプレスのプログラムとデータベース管理システムをインストールする

という方法もあります。

htmlやphpの扱いに慣れている方は2や3の方法でも可能ですが、
一般的にはホームページ制作会社にお任せすることが多いです

 

無料って、大丈夫なの?

ワードプレスはマット・マレンウェッグ(Matt Mullenweg)氏らによって最初のバージョンが公開されました。現在は非営利団体のWordPress Foundationが開発を主催し、公式サイトの運営や商標管理などを行っています。

また、ワードプレスはオープンソースのソフトウェアであり、誰もがWordPressの開発に参加できます。そのため、ワードプレス自体に不具合などがあってもすぐに対応でき、プログラム言語のバージョンアップにも対応し常により良い状態を保つことが可能です。日本語版公式サイトにはサポートフォーラムもあります。

常にメンテナンスが行われ、世界中で多くのホームページに利用されているというのも安心できるポイントといえるでしょう。

参考サイト:
ワードプレス公式サイト https://ja.wordpress.org
(日本語版は https://ja.wordpress.org/
ワードプレス開発者(マット・マレンウェッグ(Matt Mullenweg)氏)の会社 https://wordpress.com/ja

 

「ホームページ」という語について
本来「ホームページ」とはウェブサイトのトップページを示す語でしたが、ウェブサイトのことを「ホームページ」と呼ぶ方も多いことから、このサイトではウェブサイトを指すのに「ホームページ」という語を使用しています。

タイトルとURLをコピーしました